カサカサ唇と肌断食・唇が荒れる乾燥対策は?辛い皮むけ・唇の割れについて

女性の鎖骨と唇の画像

乾燥敏感肌で肌断食と水洗顔を12年続けています。
肌断食10年の記録を最初から読む方はこちら

今回は乾燥する冬の時期、カサカサ皮むけして辛い荒れた唇のこと。リップケアについて思うことを書いています。

※個人的な感想です。参考にする方は自己責任でお願いします。

カサカサ唇と肌断食・唇が荒れる乾燥対策は?辛い皮むけについて

カサカサ唇と肌断食、唇が荒れる乾燥対策について最近思うことがありました。

肌が弱い私でしたが、昔から透明リップクリームを塗ることはほぼなく、現在に至るまで唇はあまり乾燥しない方です。
季節の変わり目など、乾燥して唇の皮がむけたりも時々はありますが、あまり気にならない。
カサカサ皮むけ部分をペロンと剥いてしまって、そのままほっておくこと多々あり。
その時は「痛っ!ヒリヒリする」と思っても、気が付けば自然に治っている感じです。

そうは言っても口紅の種類には比較的こだわって買っています。
色が取れにくい、落ちない口紅はガサガサになることが多いので使いません。
口紅より色付きリップクリーム、成分少なめの唇に優しい商品を好んで使っています。

愛用しているのは、バーツビーズ24hコスメの色付きリップです。

今回唇の荒れをブログに書いた理由は、家の母が唇がガサガサで割れて痛いと、長い間悩んでいたからです。
何を塗っても治らない酷いガサガサ唇で、昼間も夜寝る前も、一日中唇がグロスのようにピカピカ光るほど何やら量多く塗っていました。荒れた唇が痛くて辛いと、複数のメーカー、メジャーな安い商品からブランドの高級リップクリームまで、何個買ったか分からないほど試していました。

そういえば、最近唇のことを何も言わなくなったなと気が付きました。

過剰なメイクと保湿が肌荒れの原因だったとして、肌断食と水洗顔を始めた私。
唇の荒れに悩んでいた母にも、「塗りすぎるとダメだよ。24時間、夏も冬もずっと塗ってて、手や足だって、同じところにずっと薬やクリーム塗ってたらカブレるでしょ!」と何度か言っていたところ、私の知らないうちに自分からリップクリームを塗るのをやめて試したみたいでした。

唇に何も付けないこと一週間くらい。
私が肌断食を始めた時と同じように、長期間の保湿のし過ぎで、皮膚が炎症のようになっていたので、すぐに治るはずはなく。「何も塗らないけど治らない」と、涙目でガサガサ唇の辛さを伝える母に、成分の多い市販のリップクリームをやめて、私の使っているワセリンを使ってみてと渡しました。

すると最初は、「使用感は悪くはないけど、保湿が全然物足りない」「ガサガサが治らない」など文句タラタラ。

朝起きてすぐ化粧をする母ですが、防腐剤やタール色素など成分の多い落ちない口紅はやめて、私が渡した無添加ミネラル系色付きリップを付けるようになりました。

それから2年くらい経ったでしょうか。
しばらく愚痴を言っていましたが、最近は唇の乾燥の話を聞かないなと。

久しぶりに聞いてみたところ、乾燥はするけれど以前のような痛みや辛さはないとのこと。
家ではワセリンを使っていて、外出時は面倒なので、成分少なめ無添加自然派系リップクリームを持ち歩いているようです。

ちなみに母は以前蕁麻疹と帯状疱疹は出ましたが、アトピー等もなく私よりは強い肌です。

顔も唇も同じ皮膚なので、過剰な保湿やメイクには気を付けたいところ。

以前は夜眠る時もこってりとクリームを塗っていましたが、今はほとんど付けていない様子。

私も最近手作りグリセリン化粧水に頼り気味なので、辛い時、必要な時以外、なるべく夜寝る時は何も肌に塗らないよう気をつけなくてはと初心にかえりました。

全ての人に合う方法ではないかもしれませんが、唇の荒れに悩んでいる方の何かの参考になれば幸いです。

私が参考にした「肌断食と水洗顔の本」と愛用している「ワセリン」はこちらです。
肌荒れやカサカサ唇に悩んでいる方は一度読んでみるといいと思います。

フォローする

error: Content is protected !!