人気二人用グリル鍋・おすすめは象印あじまる♪使ってみた感想です・コンパクトタイプ♪

象印魔法瓶のグリル鍋、あじまるep-sa10-saの画像

昨年の冬は一人用におすすめの「レコルトポットデュオフェットのマルチクッカー」を買いました。揚げ物などちょっと調理するのに簡単便利。デザインや色も可愛いです。

今年は鍋メインで沢山食べられるように、もう少し一回り大きいサイズのグリル鍋が欲しいと探しました。

大きすぎると収納場所の確保、保管や出し入れ、洗うのも大変なので、コンパクトタイプの二人用グリル鍋。

数ある家電メーカーの中から、口コミの評判が良い象印のグリル鍋、人気のあじまるEP-SA10-BAを購入。使用した感想を書いています。

人気二人用グリル鍋・おすすめは象印あじまる♪使ってみた感想です

人気の二人用グリル鍋、象印あじまるの感想は、とても使いやすくておすすめ!

届いた象印のグリル鍋あじまる、ホットプレートタイプのグリルパンEP-SA10-BA。箱から出してみると、思っていた理想通りのサイズ。
大きさ約19×33×30cm、内径22.2×5.2、重さ3.4キロです。

象印のコンパクトグリル鍋、あじまるの画像

テーブルの上に置いても邪魔にならないコンパクトサイズ鍋。

何がいいって、さすが日本国産メーカーのブランド商品。保障や故障も安心。
細くて華奢な作りと違い、コンセントコードが太く頑丈なところがいい!長さも2.5mと余裕があります。

二人用グリル鍋、あじまるの画像

また、取り外し可能な鍋は軽くて洗うのも簡単。
焼く、炒める、煮るがこれ一つでOK。洗い物が少ないので楽々です。
年配の母にも見やすい文字と目盛り。
本体にはフチにガードが付いていて、手を火傷しないような細かい配慮も嬉しい。

象印のグリル鍋あじまるの温度調節部分画像

実際に豚キャベツ鍋や、キムチ鍋、すき焼きに使ってみました。

深さが5.2cmで、浅いかなと心配していましたが十分な大きさで問題なし。
このくらいの大きさだと、二人で食べても余裕があっていいですね。

二人で食べるのに、一回目の材料を入れて、大体食べて終わったら、2回目を入れて食べるとお腹いっぱいの量でした。

買ってきた冷たいままの市販の鍋つゆを入れましたが、最初最高温度230度で設定して、煮立つまでそれほど時間は待たない感じです。

使い方は煮立ちすぎて汁がなくなりそうと思ったら火を弱め、140~160度くらいに落として食べて、食材を追加したら温度を上げると鍋つゆも残らず丁度良く食べられました。

途中、残って冷凍していたお米を入れると、夕飯のシメの雑炊も簡単に出来上がり。美味しく頂けました。

こちらはすき焼きをした時の画像

象印のグリル鍋ですき焼きをした画像

一人用の小さい鍋と比較すると、弱火ならゆっくり食べられるし、強火なら食事時間も短縮で済むので、早く食べたい人にも、その時々の好みで調節できて良いと思いました。
結構量多く入るので、大食漢でなければ一人暮らしの男性、もちろん女性にもおすすめ。

簡単にお鍋やすき焼きが出来る象印のあじまるは、家族もとても気に入り満足しました。買って良かったです!
新婚生活のお祝い、贈り物、お年賀やクリスマスプレゼントにもおすすめ^^

値段も比較的安いお手頃価格、アマゾンや楽天市場などネット通販でお取り寄せ購入可能です。

フォローする

error: Content is protected !!