肌断食10年の記録‐以前は鼻や頬の毛穴が目立つニキビ顔でした。

コンパクトミラーで肌荒れした顔を見る女性の画像

肌断食を始める前は、毛穴が大きくテロテロとしたハリのない肌でした。
ニキビに悩み、鼻の横を皮脂が流れるほど脂性でした。

毎日しっかり保湿していた私。
10年前突然、夜メイクを落とし顔を洗うと、真っ赤に腫れるようになりました。
保湿クリームを塗るとヒリヒリと痛くなり沢山塗っても治りません。

そんな時に出会った美容外科の先生がきっかけとなり、
肌断食を始めることになりました。

肌断食10年、はじめる前はどんなメイクをしていたの?

肌断食を始めたのは10年ほど前になります。
10代の頃は基礎化粧品も使わず、お化粧もしませんでした。
会社に入り、毎日メイクをするようになって、
日に日にスキンケア用品や化粧品が増えていきました。

最初はパウダーだけだったものが、
化粧水をつけるようになり、乳液、UV化粧下地、
リキッドやクリームファンデーション、パウダーファンデ、アイライナー。

毛穴が見えないカバー力があり陶器肌になれる、
落ちにくい、崩れにくいと言われるものを好んで買ってました。

洗顔はダブル洗顔が良いと聞いていたので、
オイルの化粧落としに洗顔料、夜は化粧水に乳液にクリーム。
朝は洗顔料で洗っていました。

肌断食10年、はじめる前の肌荒れ状態

肌断食をはじめる10年前の肌荒れ状態はというと、時々急に肌の調子が悪くなり、
ニキビや吹き出物がブツブツとできることがありました。

化粧水が合わないのかも?と、

新しい商品を探し、ネットの口コミの評判を見ては、
肌に優しいと言われる化粧水を買って試してみます。
また数か月もするとニキビや吹き出物ができて調子が悪くなります。

次は敏感肌用にしてみよう。乳液を替えてみよう。と、
何度もメーカーやブランドなど、品をかえ繰り返してきました。

肌断食をはじめる10年前‐肌荒れのピーク。

肌断食をはじめる10年前の秋頃のことです。

肌の調子が良くなく、毎日ひどい乾燥で、
顔が赤く、赤と白の吹き出物が出来て悩んでいた時でした。
夜メイクを落とすと顔から火がでるかのように、真っ赤に腫れるようになりました。

乾燥しているんだ。保湿が足りないんだと思い、
顔を洗ったらすぐに保湿するのがいいと聞いていたので、
とにかく早く化粧水やクリームを塗りました。もう必死です。

量も多めに塗っているのに毎日夜洗顔すると顔が真っ赤になります。
クリームも塗るたび真っ赤になってヒリヒリと痛いのです。

顔の腫れはすぐには収まらず、
翌朝になると落ち着いているような状態でした。

そしてクリームが合わないのだろうと思い、
クリームの保湿剤探しを始めました。

いろんなクリームを買って塗りましたが、
品をかえても、夜の洗顔後は顔が真っ赤です。

毎日、自分に合う化粧品を必死で探していました。

肌断食10年、はじめるきっかけになったこと

肌断食をはじめる10年前のある日、
日々の肌荒れに悩んでいた私は、友達から美容外科に通っている話を聞きました。

彼女はシミ対策でフォトフェイシャルをしていたのですが、
美容大好きな私もフォトフェイシャルやレーザーに興味があったので、
連れていってもらうことにしました。

そこの病院で出会った大学病院の先生が肌断食のきっかけになりました。 つづく

フォローする

error: Content is protected !!