毛穴が閉じる!無料のアンチエイジング・肌断食5~10年の効果と感想

顔に手を添え微笑む女性の画像

季節の変わり目の肌荒れ対策と肌断食の効果。
やって良かった!
毛穴が広がりキメのないテカテカした肌が厚みのあるゴム肌になるまで。
肌断食と水洗顔、5年~10年の経過と感想を書いています。

肌断食10年の記録 前回の記事の続きです。最初から読む方はこちら

現在私が使っているコスメはこちら

※個人的な感想です。肌断食をお試しになる方は自己責任でお願いします。

毛穴が閉じる肌断食と水洗顔5年~ワセリンの紹介

毛穴が閉じると聞き肌断食と水洗顔をして5年が経過、
皮膚が薄いテロテロしたビニール肌を卒業し弾力が戻った肌を継続しています。

その後も春と秋の数日間は、急激な気温の変化についていけず肌荒れをおこしますが、
ワセリンで乾燥を保護する方法を覚えました。

私の場合、ワセリン米1粒では足りないようで、
結構多め(小豆1粒程度)に塗っています。

毎回この肌荒れ時は炎症してヒリヒリと熱を持ち痛いですが、
かぶれているのですから、何か塗ったら痛いのは当たり前かもしれません。

炎症していないときは問題なく乾燥から保護されています。

その後、ワセリンにも種類があることを知り、
調べてみると人それぞれ合う合わないがあるようです。

数種類試してみて、その中で自分に1番刺激が少ないと思うもの、
精製度が1番高いと言われる、
サンホワイトP1を、ここ数年使っています。

この秋冬の気温の変化に慣れるまでの数日間は今でも結構しんどいです。

以前のクセと炎症の辛さで、他に合うものがあるかも?と、
時折肌断食を忘れ、クリームなどの保湿剤を探してしまいます。
それでも乾燥の時期をどうにか乗り越えられるようになったのは、
先生に勧められたワセリンのおかげです。

いつかほっておいても気温の変化に耐えられるようになるかもしれません。

そうなるといいなと思いつつ、
もし他の商品を試すようなことがあったら、また報告しますね。

毛穴が閉じる肌断食10年 結果と効果は?

毛穴が閉じると信じ肌断食10年が経過しました。
当初思っていた、めちゃくちゃ綺麗なベビー肌!には残念ながらなっていません(笑)

ニキビもたまに出来ますし、
小さいイボやシミも加齢で増えましたからね。

ですが、皮膚が薄いビニールのようなテロテロした肌から、
昔のような厚みと弾力のある肌になりました。

以前は鼻の横を脂が流れ落ちるほどベタベタで化粧をしてもすぐにテカテカ。
脂性だと思っていましたが、適量になり脂取り紙は不要になりました。

肌断食をする前は頬や鼻の毛穴が広がり目立っていましたが、
大分小さく目立たなくなりました。小鼻の黒ずみも気になりません。
またコメドも複数ありましたが現在は1つもありません。

春秋の数日間以外は肌トラブルもなく、
化粧水や保湿剤など肌に何もつけないでいられるようになりました。

今は何か肌につけると、すぐに取りたくなるくらい、
素肌でいられるって、こんなに気持ち良かったんだ。
何もつけないって、なんて楽なんだろう♪と思っています。

長く辛い時もありましたが、私はやって良かったと思います。

化粧品にかかる金額は10分の1になり、その分趣味が楽しめるようになりました。

肌断食は私にとって、お金のかからないエイジングケア。

これからも続けていこうと思っています。

肌断食10年経ち、やり方を考える

肌断食ですぐに効果が出たという人もいます。
私のように長い時間がかかった人もいます。

私はスキンケアをしすぎて、肌荒れが酷い状態からのスタートだったので、
始めてからの3年間は本当に辛く、簡単に人に勧めることはできません。

肌に問題を抱えていない人なら、先生の言う通り1~2か月もすれば、
顔を洗わないこと何もつけないことに慣れて肌が改善されるかもしれません。

それでも、もう一度やるかと聞かれたら、一瞬躊躇しますが、やると思います。

ただし、やり方を変えると思います。

次回の記事は、肌断食と水洗顔の反省点。
肌断食の辛さを経験した今の自分なら、どのように実行するかを書こうと思います。

私が参考にした医師の肌断食の本はこちら。

フォローする

error: Content is protected !!