肌断食と保湿について・水洗顔12年目・秋冬の乾燥による肌荒れは?

色白ブルべ肌の女性の画像

美肌対策のため始めて地獄の辛さを経験した肌断食も12年目となりました。
肌断食と水洗顔10年の記録を最初から読む方はこちら

毎年訪れる季節の変わり目の肌の悩み、春先と夏の終わりのニキビや炎症、秋冬の乾燥による肌荒れについて。

現在の肌断食の状態、保湿のことなど、今年のまとめを書いています。

※個人的な感想です。参考にされる方は自己責任でお願いします。

肌断食と保湿・水洗顔12年目・秋冬の乾燥状態は?

肌断食と保湿について。12年目に思うこと。
昨年の終わりにブログで書いたことを、自分なりの美肌対策として続けています。

  1. 食べ過ぎない&飲みすぎない
  2. 甘いものを控える(完全には無理^^;)
  3. オメガ3脂肪酸 アマニ油を取る。
  4. タンパク質を多くとる。卵や納豆、魚にお肉など。

春先は急激な気温の変化と食べ過ぎで短期間(3日くらい)の炎症や肌荒れがあったものの、
5月になると気温も湿度も高くなり、夏場は肌の悩みもほぼなく快適に過ごしました。

今年の夏は長くて、10月でも結構暑い日が多かったです。
毎年9月は肌荒れで炎症してかぶれ、赤みニキビの痛みに悩んできましたが、今年は肌が危ないと思ったとき(月に数回程度)、以前紹介した自己流手作りグリセリン化粧水をつけると早い段階で落ち着きました。

秋口はカサカサと皮むけが酷いのですが、今年は部分的で口回りが少し粉ふく程度。
家族にも「今年は皮むけしていないね」と言われました。

12月の上旬から今現在は、急激に気温が下がってきて、乾燥で肌がピリピリはしますが我慢できなくもない状態。今年は酷い炎症はありませんでした。

必要な時以外は使いませんが、昼間の外出時に使用するのは今もワセリンです。
夜のメイク落とし後や、石鹸で洗顔しない時でもお風呂上りは顔がカサつきます。数時間は肌に何も付けずそのままにして、どうしてもと思う時のみ、手作りグリセリン化粧水をつけています。

肌断食を始めた時は「絶対肌に何もつけない!」と完璧にやろうとしていましたが、
今は洗顔して数時間経ってもカサカサが酷い時や、これ以上ほっとくと炎症しそうと思ったら少量の保湿をしています。
私の場合はこれが今のところベストな肌断食の方法です。

アマニ油も毎日ではないですが、2日に1度程度、スプーンに一杯飲んでいて、すでに1年が経過しました。はっきりした効果などは言えませんが、魚を食べることが少ない自分に合っている気がするので、今後も続けてみようと思っています。マーガリンの代わりに食パンに塗ったり、サラダにかけたりしています。

以前に比べたら、秋冬も大分過ごしやすくなりました。
多少乾燥でヒリヒリしても、対処すれば数時間から数日で収まる程度。以前のように泣くような痛みや角栓はありません。
化粧品や乳液、クリームなど大量の保湿剤を毎日使って、夜クレンジングすると真っ赤に腫れて火をふいていたのですから、それと比較したら雲泥の差です^^

初めて行った病院のスタッフの方が、肌断食で10年かかったと言っていたのを聞いて、当時はとても驚き、まさか自分も10年かかるとは思ってもみませんでしたね。

生まれてからこのかた、洗顔は石鹸のみで顔に何も塗ったことのない父は、どんなに暑くても寒くても肌荒れもせず、乾燥でピリピリと痛みを感じることもない様子。

メイクや保湿をしない学生時代は肌が乾燥することもなかったのだから、いつか私もピリピリもしなくなるはず?
まだまだ私は敏感肌で、些細な季節の温度変化に遺伝子レベルで反応しているのかも。
完全回復まで長いなぁ~とは思いますが、女性と化粧は離れられないもの。難しいですね。
今後も極力お砂糖を控えてオメガ3のアマニ油やタンパク質を取り、運動に睡眠もしっかりとりたいと思います。

乾燥がきつくなってきたので、部屋に加湿器を出しました。
加湿器を使う時は菌の繁殖には気を付けたいところ。現在使っているのは加熱帰化式です。多少水替えや掃除、フィルターの汚れに気を配り安い電気代で済ませるならコロナの加湿器。電気代高くても菌の繁殖の心配が少ない&掃除が面倒な場合は象印の加湿器がいいかも。買う時いろいろ調べました^^;

加湿器がない場合は、濡れたタオルをハンガーにかけて部屋に干して置くだけでもOK。
部屋の湿度が上がると乾燥による肌荒れの辛さも大分違うと思いますよ。

私が飲んでいるアマニ油と使っているワセリンはこちら。

フォローする

error: Content is protected !!