新築一戸建て不動産を買う時にかかるオプション費用のこと・建売分譲住宅を購入した感想です。

お気に入りのハウスに入る猫の画像

雨漏りに悩む鉄筋コンクリートの賃貸マンション兼アパートメント。
不動産仲介業の会社と売買サイト(スーモ)などで中古&新築の一軒家の物件を探し、
新築一戸建て、建売分譲住宅を購入することになりました。

家を買う時に気を付けるお金こと、ローンの審査や契約について、
必要な手続きや工事の流れなど最初から読む方はこちら

前回の続き、新築一戸建てを買うと意外とかかるオプション費用について書いています。

新築一戸建て不動産を買う時にかかるオプション費用のこと・建売分譲住宅を購入した感想です。

新築一戸建て不動産を買うと以外とかかるオプション費用はこちら

  • ベランダのひさし
  • ポストの場所移動
  • カーポート
  • サッシの網戸とシャッター(雨戸)
  • フローリングのニス&ワックスがけ
  • カーテンレールの取り付け
  • 押入れクローゼット用、収納棚の設置
  • アンテナ工事
  • その他 洗濯物干し竿(ポール)表札 部屋や玄関外&庭の照明器具

オプションなので、自分で出来るなら料金はかかりません。
別業者に発注しようと思ったものは断り、
必要と思ったものは不動産屋さんに頼み、まとめて一括ローンにしました。

2階のベランダのひさしを付けてもらおうと思ったのですが、
玄関から入らない、大きい家具を搬入するのにクレーンを使うので、
今付けない方が良いとのこと。
後からホームセンターで購入しDIY。自分達で取り付けました。

車の出入りを考えて、入口のポストの位置を変えてもらうのに30万円かかるとのこと。
こちらは要検討。自分で出来そうなことはDIYすることに。

駐車場の屋根(カーポート)も付けようと思っていましたが、
ハウスメーカー専用のものや紹介の工務店は結構お高い。
カーポートも他の安いメーカーを検討することにしました。

サッシの網戸とシャッター(雨戸)はオプションで入居前に取付工事をお願いしました。

フローリングは新しいので綺麗ですが、
ニスやワックスをかけていないので光沢感やつるつる感はない状態。
床に塗ると傷が付きにくいとのことで、
家具が何も置いていない今しか出来ないことを考えてお願いすることに。
不動産さん紹介の業者さんで約20万円ほどでした。

カーテンレールの取り付けもお願いしました。
クローゼットの収納棚は住宅メーカー専用のものでないと合わないらしく、
こちらもオプションでお願いしました。

アンテナは自分達で探した方が半額ほど安かったので別業者にお願いしました。

オプション以外でかかる費用は、表札や洗濯物のポールなどの雑貨。
照明器具も全部はついていないので、シーリングライトは各部屋に別途必要でした。
玄関口のライトもなく、庭用のライトも別途購入が必要になりました。

新しい家具やカーペット、エアコンや洗濯機、冷蔵庫や照明器具などの家電用品と、
引っ越しの代金もローンの総額内でまとめました。


また土地建物を買う上で注意する点の1つ、
地域によって下水の本管工事が終わっていない場所がありました。
この場合、1年に4回くらい点検や汲み取り、薬剤を入れたりと料金が少しかかります。
また数年後に本管工事が必要になることがあるそうで、
工事に10~15万円くらいの金額はかかると見ておいた方が良いそうです。

以上、以外とかかる新築一戸建てのオプション料金でした。
次回の記事は引っ越しの流れについて。コツや気を付けた方がよい点など感想を書きます。

土地建物売買の手続きをもっと詳しく知りたい方は、アマゾンや楽天市場などネット通販で買える本もありますよ。

フォローする

error: Content is protected !!