子宮筋腫手術日記・病院と医師の探し方(探す方法)参考にしたサイトを紹介

病院の診断書と体温計の画像

痛みや貧血の自覚症状など、子宮筋腫手術日記を最初から読む方はこちら

子宮筋腫が13cmまで大きくなりました。
退院後2年経過。感想まとめです。
私が病院と医師を探した方法、参考にしたサイト、診察当日のことを書いています。
※個人的な感想です。参考にされる方は自己責任でお願いします。

子宮筋腫手術 病院と医師の探し方・探す方法

子宮筋腫手術を受ける為、私が病院と医師を探した方法です。

腹腔鏡下筋腫核手術の病院と医師を探しました。
いくつか病院を検索し探してみると、
その病院によって手術で開ける穴の数が3か所と4か所のところがありました。

傷跡のことを考えて、少ない穴の数でできる病院をと思いましたが、
自分の体を預けるわけなので、
まずは手術をお願いしたいと思う医師の先生を見つけようと思いました。
自分で探して選んだ病院と医師なら、何かあっても納得できるはず。と。
専門の医師を探しました。

参考にしたサイトは
一般社団法人 日本産科婦人科内視鏡学会 です。
このサイトの中に技術認定医一覧があります。

この中から自分が通える範囲内で専門の資格を持っている医師を探しました。
担当医がいる病院のホームページで手術方法が書かれているところもあります。
医師の名前を検索すると所属の大学病院や経歴、
論文、学会の内容などが見ることができました。
専門の資格だけでなく、指導にあたっている医師もいました。
所属の病院・大学病院を検索すると、
どのくらいの手術の実績数があるかも調べられました。

その中から、この先生に診てもらいたいと思った病院に行くことにしました。

子宮筋腫手術 病院と医師の探し方2 初診察

子宮筋腫手術を受ける為、お目当ての医師がいる病院へ初診察に行きました。
病院に着くと患者さんがいっぱい。
皆さん調べてくるようで、人気の病院でした。
診察までに4時間くらいかかりました。
私の子宮筋腫を、「大きいねぇ。これじゃ大変だったでしょ」と言われました。
血液検査をして、MRI画像を撮るための予約をしました。

MRIの費用は7,000円くらいでした。

後日再診察に行きました。
一番大きいのが13cmの筋腫でした。他にも数個ありました。
明るい先生で、
「大きいねぇ。でも、取れば妊娠できるよ!」と。
先生の人柄が良く、「お願いします!」と言っていました。
他にも医師がいたので、お目当ての先生が執刀してくれるのかきちんと確認しました。

お腹に1cmと2cmの穴&おへその合計3か所を開けます。
なるべく目立たない小さな傷になるよう手術してもらえるとのことでした。

その日のうちに手術の予約をして、血液を何本も取ります。
その他レントゲン撮影など複数の検査をして、その日の診療費は17,000円くらいでした。

貧血が改善していたので、すぐに手術の予約ができて良かったと思いました。つづく

シャワーにお風呂、傷が濡れない便利な防水フィルムはこちら

フォローする

error: Content is protected !!