子宮筋腫手術・必要な入院準備・下着おすすめスリッパ・個室料金費用

病院を案内する看護師さん(ナース)の画像

痛みの症状や病院の選び方など、子宮筋腫手術日記を最初から読む方はこちら

子宮筋腫が13cmまで大きくなりました。退院後2年経過。感想まとめです。
手術日が決まり当日のお部屋決め。
個室部屋の予約(料金費用)や事前準備、下着やスリッパなど必要なものを書いています。

子宮筋腫手術 入院準備 病院の個室予約や費用

子宮筋腫手術の入院準備のため病院の大部屋か個室を選びます。
看護師さんが入院部屋の案内や費用の説明をしてくれます。

個室料金は保険が効かないので自費になりますが、
はじめての入院と手術で痛みの想像がつかないこと、
周りに気を使う必要がない個室にすることに決めました。

個室料金はその病院によって金額が違います。
私はシャワートイレ洗面所つき1日15,000円ほどでした。

1人が落ち着く人、大人数の方が安心する人など、好きずきと思います。
私の場合は個人病院でトイレの数が少なかったことと、
手術後は傷口を押さえながら少しづつしか歩けませんでした。
動くのが遅くてもゆっくりトイレに入れるので、
私は誰にも気を遣うことなく個室で良かったと思いました。

夜も消灯時間はなく、何時にテレビを見ていてもOKです。

子宮筋腫手術 入院前の準備・用意したもの必要なもの

子宮筋腫手術の入院前に病院から用意するよう言われたものや、
自分で必要と思ったものを自宅で準備しました。

  • 下着、上着(カーディガンなど)
  • 湯のみ
  • 洗面用具 シャンプーリンス 歯ブラシセット 洗顔せっけん、カミソリ、綿棒、
  • 室内履き
  • 帰りに着る、ウエストゆるゆるゴムのスパッツとお腹を隠せるチュニックトップス。
  • 暇つぶしにDSや本
  • ペットボトルの水
  • 寝ていてもペットボトルの水が飲めるストロー付きキャップ(下に説明あり)
  • 生理用ナプキン 夜用ロングサイズ
  • 袋と紐 時計
  • お薬手帳・保証金

保証金は病院から入院時に払ってくださいと言われた金額を用意。私の場合は10万円でした。

室内履きは転倒しないよう、スリッパ不可の病院でした。
私はかかとなしのスニーカー、クロッグスニーカーを購入。
しっかりしていてクッションも良く歩く練習がしやすかったです。
脱ぎ履きが楽なので良かったと思いました。

下着は傷が腫れていることを想定し、
普段MサイズですがLLサイズのヘソまであるものを2枚購入。
手術後大きい下着を買っておいて良かったと思いました。

ねまき(パジャマ)は病院で借りました。
個室で上着も着ていたのでノーブラでしたが、つけるなら楽なものを用意するといいです。

袋と紐は、小さなバッグ(ランチトート)などに必要なものを入れ、
ベッドに括り付けると便利。チャックが付いていると尚可。
深夜に何時か分かるよう、小さな置時計と、
バッグの持ち手に巻き付けるベルトタイプのものを用意しました。

あると便利だったのは、飛び出すストローボトルでチューN です。
寝ながらこぼさず水を飲むことができます。
ワンタッチキャップで片手で開け閉めできるのでかんたん。
倒れても水がこぼれにくく、ペットボトルのフタを外して取り付けるだけ。
煮沸消毒もできるので何度でも使えます。

退院後に必要なものがありました。
シャワーやお風呂で傷が濡れない防水フィルムです。
私が使ったのはこちら。お風呂の時だけ貼っていました。
安心してシャワーを浴びれるので良かったです。
退院してから探したので、入院前に用意しておくと良いと思います。
次回手術&入院生活を書きます。

フォローする

error: Content is protected !!