子宮筋腫日記・手術翌日の感想・入院3日目・お腹の痛みと体を起こす&歩く練習

病院と松葉杖と男性の手の画像

痛みの症状や病院の探し方など、子宮筋腫手術日記を最初から読む方はこちら

13cmの大きい子宮筋腫を腹腔鏡の手術で取りました。
退院後2年の経過とまとめです。
入院3日目、手術翌日の感想、歩く練習のことなどを書いています。

子宮筋腫手術翌日(午前)の感想(入院3日目)

子宮筋腫手術翌日の朝は早く5時30分には起きていました。
昨夜は深夜に何度も看護師さんが見に来てくれました。
寝て起きてを繰り返し、朝方どうにか寝ることができたと思いました。

昨日の朝から水を飲んでいないのと汗を沢山かいたので喉がカラカラです。
ガス(おなら)が出たら水を飲むことができるので早く出ないかなと思っていました。

家族が朝早い時間にきてくれました。
私はまだ寝たままで起きられませんが話はできるようになりました。
手術後は、なるべく早く立って沢山歩くように!ということで、
午前中(9時ごろ)に「体を起こして慣らしてみましょうか」と言われチャレンジ。

食事の台に両手を置いてゆっくり体を起こしてみます。
がんばって起きてみると頭がぐるぐる回ります。3分くらいで気持ち悪くなってギブアップ。
その後1時間くらい気持ち悪く吐き気がして動けなかったのですが、
次第に体を起こせるようになりました。

体を起こせるようになったので歩く練習がはじまります。

点滴の棒につかまりながら部屋を歩きます。ふらふらするので少しだけ歩きました。
なかなかガスが出ないのでお水がまだ飲めません。
薬がきいているのか、切ったお腹自体はそれほど痛くありません。

お昼前に先生が様子を見に来てくれてガスが出たか聞かれました。

ガスが出たか分からないので水を飲んでいないと言うと、
もう飲んでいいよと言われて、やっと水を飲むことができました。
丸1日弱、水分を取っていませんでした。こんなに喉がかわいてつらかったのは初めてです。
水分て大事。やっと姉妹の気持ちが分かりました。^^;

お腹は空いていなかったので、
「食べなくても平気だな、これならダイエットできるかも」などと考えていました。

子宮筋腫手術翌日(午後)の感想(入院3日目)

子宮筋腫手術翌日の午後は、
医師の許可が出たので、お昼から流動食開始になりました。
早く元気になろうと、がんばって食べようと思いました。
たったこれだけなのにお腹いっぱい。
食事をしていなかったので、美味しくて食べ過ぎました^^;

病院の流動食の画像

看護師さんに歩くよう言われるので、
お腹をかばう感じで前かがみでしか歩けませんが少しずつ練習します。

家族が帰った夕方にお腹が痛くなり激痛!
食事をしたことで寝ていた腸が動き出したのが痛いような感じでした。
座薬をもらい入れてしばらくすると痛みが治まりました。
後半はほとんど歩けませんでした。

手術後の家族への説明時に、取った筋腫や手術の画像を見せてもらえるとのことで、
私は見ることができないので手術前に家族にカメラを渡して写真を取ってもらいました。
姉妹は取った筋腫を見て「白子みたいだった^^」と言っていました・・・。
起きられるようになったので画像を見てみると確かに白子みたいでした。
テレビの手術場面など苦手でチャンネルをかえるのに、
自分の画像は見れるのが不思議です。

夜ご飯は7分粥。小さな玉子豆腐と薄味少量のお味噌汁。甘い梅干しが美味しいです。
夕方激痛だったので食べすぎないように気を付けました^^; つづく

お風呂やシャワーに傷が濡れない便利な防水フィルムはこちら

フォローする

error: Content is protected !!