マスクの作り方・簡単手作り布マスクです・コロナインフルエンザ対策に

本と糸の画像

家族の花粉症&鼻炎対策に、ドラッグストアで買ってあった箱マスクも底をついてきました。
宅急便の受け取りなど、短時間の使用で使うのももったいない。
自宅用にマスクを自作することにしました。

手作りマスクは恥ずかしいと言う男性にも、顔に付けても恥ずかしくない、普通っぽいマスクが作りたい。
市販品に似た感じで作りました。参考にしたのはユニチャーム製です。
ミシンで作りましたが、手縫いでも簡単です。作り方はこちら↓

マスクの作り方・簡単手作り布マスクです・コロナインフルエンザ対策に

マスクの作り方・用意するもの

  1. 布生地 画像で使ったのは晒(サラシ)
  2. バイアステープ 使用したのは12cm幅の品
  3. ソフトタイプのゴム 髪用でも使用済みマスクのゴム紐でもOK。
  4. 針金(ビニタイノーズワイヤー

マスクの作り方 その①

マスクの作り方・今回作ったのは小顔~普通大人女性用。小学校高学年用を使う母にもOKなサズ。(男性用の場合は横幅を17.5cmにして作ると良いと思います。)

横幅15cm×縦22cmでカットした布を1枚用意します。(今回全てサラシで作りましたが、不要になったワイシャツなどの綿生地、デニム生地などの中厚手生地も良いと思います。)

片側上から2cmの部分に、15cmにカットしたバイアステープを開いた片側部分を縫っていきます。

マスクの作り方画像1

バイアステープのもう片側部分を広げます。
バイアステープを縫っていない方の布を輪にして合わせて縫います。

マスクの作り方画像2

合わせて縫い終わったら裏返します。
バイアステープ部分は針金(ビニタイ・ノーズワイヤー)を入れる鼻当て部分になります。

マスクの作り方画像3

マスクの作り方・その② プリーツ部分

マスクのプリーツ部分の作り方は、輪になった布の中央で折り目をつけて、上下に大体1.25cmの白線部分を山折りをして待ち針で仮止めします。

マスクのプリーツ部分の作り方画像

山折りしたところがこちら。
更に画像の白線、上下に1cmの部分を山折りして、待ち針で仮止めします。

マスクのプリーツ部分の作り方画像5

縦の長さがが9cmくらいになると丁度良いです。
市販品と比較してみたところ。こんな感じになります。

マスクのプリーツ部分の作り方画像6

マスクの作り方 その③

マスクの端部分の作り方です。

先にバイアステープ部分に針金(ビニタイ)を入れます。こちらはパン屋さんやお煎餅、お菓子などに付いているものを使用しました。使用済みのマスクの中に入っているものを消毒して使っても良いと思います。ない方はアマゾンや楽天市場などネット通販でも購入可能です。

マスクの鼻当て(ノーズワイヤー)の作り方画像

横幅5cm×縦12cmの布を2枚用意します。(端部分を作るのにおすすめは、サラシやガーゼ、綿ハンカチなどの薄手生地)

マスクの縦の長さが9cmになるように調節しつつ、布を上下左右に折ります。

折った布をマスクの端に被せて待ち針で仮止め。

マスクの作り方画像8

私はそのままミシンで縫いましたが、丁寧に作りたい方はしつけ糸で仮縫いをすると良いと思います。

ミシンで2度縫いします。

両方の端を縫い終えたら、糸通しやゴム紐通しで細いゴムを入れます。
ゴムは片側大体30cmを2本用意。
店頭だと柔らかい細いゴムは売り切れが多いのですが、ネットだと割と見つかりました。
こちらも使用済みマスクのゴムを再利用したり髪用のゴムでもいいかもしれません。

マスクの作り方画像9

手作りマスク完成しました。

家族と親戚に渡したところ、とても喜ばれました。
使用した感想は見た目が白で普通っぽいのがいいとのこと。
着用感も市販品とあまり変わらず、鼻がずり落ちてこない、隙間が出来ないところも良いと言っていました。

市販品との違い画像がこちら。

マスクの作り方完成画像

私は肌が弱いので、市販の硬いマスクを長時間付けていると頬に擦れて少し痛いのですが、布で作ったマスクは、肌に優しいのが気に入りました。家の掃除、庭の手入れ時にもいいかも。

スーパーなど人の多い場所に付けて行くには、サラシの目の粗さが気になるので、中に抗菌ガーゼ、キッチンペーパー、ティッシュやハンカチなど入れるといいかなと思いました。

次はプリーツ部分を、倍の4枚重ねか、もう少し厚手の生地で作ってみようと思っています。
顔に当たる内側だけ柔らかいサラシで作ってもいいかも。

ノーズワイヤー部分は、バイアステープでなく共布でも良いのですが、バイアステープだと簡単に作れるのと、色を変えると家族内で誰のマスクがすぐに分かるのも衛生的に良いと思います。

マスクがどうしてもない場合など、ウイルスを完全に防ぐことは出来なくても、何も付けないよりは気持ち的に少しは安心できるかなと思いました。
洗って何度でも使える手作り布マスク良かったら作ってみてください。

ソフトゴムもこちらで購入可能です。

フォローする

error: Content is protected !!