ノースフェイスのリュック・ビッグショットの感想・おすすめ登山バックパック♪

ザ・ノースフェイスのビッグショット、リュックサックの画像

長年使っていたオニールのリュックが壊れたので、旅行を機に買い替え。
ネットの口コミサイトで人気の商品を調べて、
今回は少々奮発してお値段高めのノースフェイスのリュックを百貨店で購入しました。

ビッグショット クラシック(NM71861)を使用した感想を書いています。

ノースフェイスのリュック・ビッグショットの感想・おすすめ登山バックパック♪

ノースフェイスのリュック、ビッグショットの感想は期待通りGOOD!

購入前に欲しいと考えていたのは量が沢山入る30L以上のリュック。
前ベルト(チェストベルト)とドリンクを入れられるサイドポケット付き。
肩が痛くない楽に背負えるリュックを探しました。
実際にデパートで複数のメーカーブランドリュックを20種類くらい試しました。

重い荷物を入れた時用にウエストベルトがあると便利だけれど、使わないときは邪魔になるのが難点。
当初カリマーやミレーを考えていましたが、ノースフェイスのビッグショットは、割と本格的なウエストベルトが簡単に収納できるところが気に入りました。

ノースフェイスのビッグショット、リュックサックのウエストベルト収納部分の画像

肩のベルトもクッションが入っていて柔らかいので痛くない。
しっかりした作りにデザインもかっこいいです。

背中に固い板が入っていますが、こちらもメッシュのクッションが入っているので痛くありません。

ノースフェイスのビッグショット、バックパックの背中裏側の画像

オニールのリュックがとても軽いので、ノースフェイスを店頭で手に持った時はリュック自体が重く感じましたが、背負ってみると重さをあまり感じないのが不思議です。

実際に旅行の軽登山(ハイキング)で使ってみると、固い板がほんのりカーブして曲がり、体にフィット。
腰に刺さるように当たって痛い他社海外製リュックを一度経験していたのですが、
ノースフェイスのビッグショットは腰と下半身に沿うようにしなって、まったく痛くないのが驚いたとともにとても嬉しかったです。

荷物が入る量は32リットルということですが、オニールと比較すると小さいかなと感じました。
内側ウエットスーツのようなしっかりした生地で、パソコンやタブレットを守るように収納できます。
個人的にはスマホくらいしか入れないので、生地がない方が軽くなりそうと思いましたが、ビジネスマンや学生さんの通勤には重宝しそうですね。

ノースフェイスのビッグショット、内側収納部分の画像

何より楽に背負えて肩のベルトも腰も痛くない!
街中買い物の普段使いから旅行にアウトドアまで幅広く使える。
使い勝手が良いノースフェイスのリュックとても気に入りました。おすすめです♪

ノースフェイスはアマゾンや楽天などネット通販でも購入可能です。
人気なだけあって安いものは偽物もあるそうなので、信頼できるお店で購入してくださいね。

ちなみに旅先で大きいリュックを背負っていると財布や携帯を出すのが大変。
そこで、リュックに取り付けられるコロンビアのナイオベポーチを買った感想記事はこちら

フォローする

error: Content is protected !!