皮むけでガサガサ。やっと改善と効果が現れた肌断食2~4年の感想

顔に手を添える女性の画像

皮むけでメイクもボロボロ 肌断食と水洗顔2年目~

前回の続きです。肌断食10年の記録を最初から読む方はこちら

角栓が少なくなると、顔の皮むけが気になるようになりました。

肌断食2年目の春、また季節の変わり目の気温の変化で炎症。
寒かったり暖かかったりすると、肌がまだついていけません。

かぶれが再発しましたが、夏に近づくにつれ次第に落ち着き、
2年目の夏は昨年よりも、もっと楽にすごせました。
肌に何もつけないでいられることが新鮮でした。

鼻と鼻回りの角栓はまだびっしりですが、頬の角栓は大分少なくなりました。

肌断食2年目の秋 皮むけが止まりません

肌断食2年目の秋は皮むけの悩み。気温の変化でまた肌荒れがはじまります。

かぶれて真っ赤になるたびヒリヒリ痛くて辛く、
なにか塗って楽にならないだろうかと考えます。
また口コミで化粧水やクリームなど保湿剤を探し迷走しますが撃沈。
いくつか商品を買ったものの、何を塗っても熱を持ち痛かったり痒かったりしてダメでした。

しばらくして肌が冬の乾燥に慣れ炎症が落ち着きました。
すると今度は頬の皮剥けが止まりません。
ファンデーションを塗ると、まだらになって酷い有様です。

メイクをしなければ、皮剥けはそれほど目立ちません。
出掛ける時はマスクをつけるか、
皮剥けでも化粧感が出る、色のつかないルーセントパウダーを使っていました。

肌断食3年目 やっと改善の兆しが見えてきました

肌断食も3年目に入ると鼻の角栓も大分減って、鼻の横は頑固に残っている状態でした。
それも日に日に良くなっていきます。

肌が回復してきたのか皮剥けや粉吹きも大分良くなりました。
軽いメイクならカサカサもほとんど気になりません。

春と秋冬の乾燥には毎回炎症をおこしますが、
炎症の時期以外は、見た目もほぼOKです。

肌断食4年目 角栓にさよなら 炎症対策にワセリン再検討

肌断食&水洗顔、4年目には鼻横の角栓も出なくなりました。

夏の肌はもう普通でしたし、
毛穴の開いた薄いテロテロと伸びるビニール肌は、
毛穴も小さくなり、モチモチと厚みのある肌になってきました。
ベタベタテカテカしていた脂性肌は、さらさらした肌になりました。

ただ春と秋の気温の変化による炎症には相変わらず悩まされていました。

ワセリンは自分には合わないと思っていたので、
炎症の時期をどうにか乗り越えられる保湿剤がないか探していました。

このころは、炎症の時期でなければメイクも普通に出来たので、
友人に会って話をしました。

彼女は昔から化粧をしない人で、子供のような綺麗な肌をしていました。

聞いてみたら普段ワセリンしかつけない、
それも冬の乾燥が気になる時だけといいます。

私が以前使った時は炎症が酷すぎて、
塗ると熱がこもり1分も耐えられなかったのですが、
彼女の話を聞いて、再度ワセリンにチャレンジしました。

秋の季節の変わり目の、乾燥し始めた時にちょっと多めに塗りました。

夜も必要を感じた時は多少つけました。

数日は赤くなって熱がこもったり、ヒリヒリしたりしましたが、
次第に秋の乾燥に肌が慣れてきました。

肌断食の1番つらい期間が過ぎ、
肌が自分の力で保湿できるようになってきたからかもしれません。

乗り越えられる方法を見つけた気がしました。次回につづく

私が使用しているワセリンはこちら。

フォローする

error: Content is protected !!