開院祝いの胡蝶蘭・おすすめ店は?買って良かった立派で豪華な花の感想・購入時の注意点・立札の書き方・開業・開店祝い

箱に梱包されたフラワーブーケの画像

親戚の開院祝いのお花に、胡蝶蘭を贈ることになりました。

売っているお店が沢山ある中で、同じ金額で選ぶなら品質の良い豪華で立派な胡蝶蘭が欲しい。
お祝い用の大きい胡蝶蘭を買うのは初めてだったので、事前に百貨店のお花屋さんを数件巡りました。店頭で大体の大きさや雰囲気は見てきましたが、2本立ち、3本立ちと、デパートは本数が少ない割にお値段が高いのがネック。

他に良いお店がないか口コミの評判を探して、人気で評価が高い、信頼できそうな販売店や蘭農園を調べました。

実際に大きい胡蝶蘭を購入してみた感想、おすすめの胡蝶蘭販売店を紹介します。

開院祝いの胡蝶蘭・おすすめ店は?

開院祝いの胡蝶蘭・おすすめ店を紹介♪

今回注文したのは、「ふじみ野ラン園 楽天市場店」です。
他にも沢山の店舗がありましたが、胡蝶蘭を専門に作っている蘭農園で、胡蝶蘭のサイズや種類、カラーも白やピンク、ブルーと豊富。
巨匠と呼ばれる社長さんの全国洋らん品評会の受賞歴、他店の胡蝶蘭と比較して同料金で花と蕾の数が多いと感じたのが購入の決め手になりました。

万が一不備があった場合の対応に、すぐに新しいものを送ると書いてあるところにも安心感と好感がもてました。

実際に注文前に2回ほど問い合わせをしたのですが、質問の回答も早く、迅速丁寧な対応だったことも購入決定のポイントです。

開院祝いの胡蝶蘭の値段・5本 7本立ちの違い

開院祝いの胡蝶蘭を身内が贈るので、値段も品もそれなりに恥ずかしくないものをと考えました。
最終的に、45,000円(税抜き)の5本立ち、白色の胡蝶蘭を選びました。

木札と凍傷保証のオプション料金に送料を足すと、合計金額5万5千円(税込み)くらい。
セール時でクーポンが使えたので少し安かったです。5%OFFくらいで買えました。

同じ金額の5本立ちと7本立ちで、どっちにするか悩みましたが、画像で比較してみると、
縦に長いのが5本立ち、横幅があるのが7本立ちのように感じました。

こちらがふじみ野ラン園さんの5本立ち。(税込み49,500円クラス)

こちらが同じ値段の7本立ち

7本立ちは、ふわふわした感じが豪華で可愛いので誕生日や結婚祝いに良さそう。

個人的な好みもありますが、病院の入り口や待合室に合うかなと、すだれのように長い上品な5本立ちを贈ることに決めました。

開院祝いの胡蝶蘭・実際に購入した花の画像と感想

開院祝いに買った胡蝶蘭の画像を紹介。

ふじみ野ラン園さんの場合、希望者へは店舗から発送時に商品画像のリンクをメールで送ってもらえます。

実際のラッピングされた胡蝶蘭や立札の画像を見ることができるので安心できました。

こちらがその商品画像。(念のため、お店に画像の使用許可を取ってあります。木札等個人情報部分は加工済です)

開院祝いの胡蝶蘭の画像

サイズは高さが約100~110cmほど。花の大きさが約13cm。
蕾含めて70輪以上。会社の各種お祝いや選挙の当選時にも使われる特級VIPクラスの贈り物だそう。

横から見た画像がこちら。

開院祝いの胡蝶蘭の画像

実際に病院の内覧日に実物を見た感想。

通信販売で買った胡蝶蘭なので、どうかなと内心少し心配していましたが、
内覧当日、お祝いのお花や胡蝶蘭が沢山並んでいる中、私の贈った胡蝶蘭はすぐにこれ!と分かるほど、他のお花より大きく目立っていました。

ご近所の他医院から贈られたお花と1位2位を競うくらいの立派な胡蝶蘭。

一つ一つの花や蕾が大きく綺麗♪
高さに幅もあり豪華でゴージャス!専門農園さんの商品なので、新鮮で花持ちも良さそう。

先方からは、「立派なお花をありがとう!」と、とても喜ばれました♪

開院祝いの胡蝶蘭の立札の選び方、書き方、注意点

開院祝いの胡蝶蘭の立札を選ぶのに、木札、紙札、サイズも大中とありました。

ネットにいろんな情報が出ていましたが、専門のお店に聞くのが一番と思い問い合わせ。

私が買った胡蝶蘭サイズの場合、一般的に企業など法人が送る場合は、オプションの木札の大がおすすめ(12×30cm)とのこと。
親戚など個人で送る場合は、花に負けないよう木札の中サイズ(10×24cm)がおすすめとのことで、こちらを選びました。

花上か花下どちらがいいかというと、このサイズの胡蝶蘭の場合は、花にボリュームがあり花下だと立札が見えないので、花上が良いそうです。

気心知れたお友達などに送る、お値段の安いコンパクトサイズの胡蝶蘭なら、木目調厚紙札やメッセージカードが良さそうです。


胡蝶蘭の立札の書き方を調べました。
注意することは、お祝いの言葉に「祝御開院」と書く場合、4文字なので縁起が悪いと敬遠されることがあるのだそう。なので、「祝 御開院」と祝の後にスペースを空けると良いのだとか。

立札に送付先の病院名やクリニック名は書かなくても良いそうですが、送り主の会社名や役職などを書かない個人で送る我が家の場合は余白が空くので、相手先の病院名院長名お祝いの言葉送り主夫婦の連名を書くことにしました。

比較的大きいサイズの胡蝶蘭だったので、豪華に見える木札にして正解でした^^

開院祝いの胡蝶蘭・ラッピングと梱包の注意点

開院祝いの胡蝶蘭なので、最初は縁起が良い紅白のラッピングを考えていましたが、赤い色は火事を連想させるので開店、開院祝いには向かないのだそう。

今回は金運も良さそうな黄色~オレンジピンクの可愛い色合いでお願いしました。

新しい白くて綺麗な院内の中で、清楚な色合いにして結果的によかったです。

また胡蝶蘭は寒さに弱いとのこと。
寒い冬の季節なので、花が凍傷にならないよう、オプションにウルトラ防寒対策を頼みました。時期的に急激な天候の崩れや気温の変化が心配でしたが、保障のオプションを付けることで、金額が高い商品でも安心できました。オプション料金も660円と安いです。

私は5本立ちを配達希望日の10日前くらいに日時時間指定で予約注文しましたが、5本立ちは通常いつでも在庫があり、急に入用になった場合でも大丈夫だそうです。7本立ちの場合は1週間前までに予約購入してくださいとのことでした。

大事な人や大切な取引先に贈るお祝いの胡蝶蘭。間違いがないお店で頼みたいですね。

「ふじみ野ラン園さん」は、楽天市場やヤフーショッピングのネット通販で購入可能。
ポイントも付いてお得ですよ♪

フォローする

error: Content is protected !!